ストレッチの基本:健康維持、生活習慣病予防のためにストレッチの基本を解説

ストレッチの基本:健康意識、生活習慣病予防のためにストレッチの基本をまとめました

トップページ > 適度な運動 > ストレッチの基本

1日2分で脚痩せする方法とは?
自宅でこっそり、誰にもバレずに出来ます。これで、あなたもスッキリ美脚に♪
胸のコンプレックスが無くなりました♪
自宅で出来る簡単な方法でバストアップに成功。周りの見る目が変って、喜んでいます。

ストレッチの基本

ストレッチで気をつけたいこと

【体温が温かいときに行う】

風呂上りのストレッチが良いように体が冷えている時に行うよりも軽く体を動かしてからストレッチをする。

【反動を使わない】

ストレッチは少しずつゆっくりと筋肉を伸ばしましょう。

【息を止めない】

ストレッチをするときには、ゆっくりと呼吸をしましょう。筋肉を伸ばすときには、息を吐くようにすると伸ばしやすい。

【痛みを感じるところまで伸ばさない】

ストレッチは、筋肉が悲鳴を上げるところまで伸ばすのではなくて気持ちいいと感じるところで止めましょう。

【全身の筋肉を伸ばしましょう】

慣れたポーズばかり行ってしまいがちですが、ストレッチは全身の筋肉をまんべんなく伸ばしましょう。

【ウォーミングアップ&クールダウン】

ストレッチはウォーミングアップのためだけではありません。クールダウンでも積極的にストレッチを行って乳酸などの老廃物を早く追い出しましょう。


基礎代謝 »

ストレッチの基本:健康維持、生活習慣病予防のためにストレッチの基本を解説しています!

 

Copyright(C)2005 30代から健康を意識してワクワク生きよう! kenwaku.com All rights reserved