無理なダイエットの弊害:健康維持、生活習慣病予防のために無理なダイエットの弊害を解説

無理なダイエットの弊害:健康意識、生活習慣病予防のために無理なダイエットの弊害をまとめました

トップページ > ダイエット  > 無理なダイエットの弊害

1日2分で脚痩せする方法とは?
自宅でこっそり、誰にもバレずに出来ます。これで、あなたもスッキリ美脚に♪
胸のコンプレックスが無くなりました♪
自宅で出来る簡単な方法でバストアップに成功。周りの見る目が変って、喜んでいます。

無理なダイエットの弊害

リバウンドとは無理なダイエットをして体重を減らし、元の生活に戻ったときに体重が戻ったり逆に増えてしまうことです。

無理なダイエットをすると体脂肪だけでなく筋肉や骨なども一緒に減ってしまいます。体脂肪と筋肉や骨などの合計の重さ分だけ体重が減ります。

目標の体重になったと無理なダイエットをやめて元の食生活に戻ったときにどうなると思いますか? 元の食生活に戻したからといって筋肉や骨などは簡単には増えてきません。さらに筋肉が減ると基礎代謝量は無理なダイエットをする前に比べて減っています。

基礎代謝量が減った状態で元の食生活に戻ればどうなるかわかりますよね。体脂肪が増え始めます。その結果、元の体重に戻ったときの中身を考えてみてください。筋肉や骨などが減っている分だけ体脂肪の占める割合が増えているはずです。

元の体重で止まれば良いですが、基礎代謝量が減っていますので元の体重をオーバーしてしまう場合が多いでしょうね。無理なダイエットの回数が多ければ多いほどこの繰り返しになっていきます。体脂肪の割合がどんどん増えていくことになるわけです。リバウンドを重ねた人がやせにくいと言われるのはこのためです。

ダイエットをする場合は筋肉や骨などは減らさずに体脂肪を落とす方法を行いましょう。つまり食生活の改善と適度な運動の組み合わせです。


« りんご型肥満(内臓脂肪)のチェック | ダイエット成功のコツは頑張らない! »

無理なダイエットの弊害:健康維持、生活習慣病予防のために無理なダイエットの弊害を解説しています!

 

Copyright(C)2005 30代から健康を意識してワクワク生きよう! kenwaku.com All rights reserved