頭痛:健康維持、生活習慣病予防のために頭痛を解説

頭痛:健康意識、生活習慣病予防のために頭痛をまとめました

トップページ > 生活習慣病・慢性病 > 頭痛

1日2分で脚痩せする方法とは?
自宅でこっそり、誰にもバレずに出来ます。これで、あなたもスッキリ美脚に♪
胸のコンプレックスが無くなりました♪
自宅で出来る簡単な方法でバストアップに成功。周りの見る目が変って、喜んでいます。

頭痛

○すぐに病院に行く必要がある頭痛
脳腫瘍、脳膜炎、脳内出血、くも膜下出血など重大な病気の場合があります。

突然の(今まで経験したことがない)激痛や身体の麻痺やしびれを伴うとき、高熱が続く、目の強い痛みを伴うときなどはすぐに病院に行かれたほうが良いです。

○一過性の頭痛
カゼ、寝不足、二日酔い、過度の入浴、嫌な香り

これらは原因が除かれれば自然に解消されます。

また薬局で売れ行きのよい薬のひとつが頭痛薬だそうですが

○慢性の頭痛

が厄介です。

・偏頭痛
・耳、目、鼻、歯の障害
・胃腸、肝臓の疾患
・便秘

など慢性の頭痛になってしまうと毎日が楽しくありません。自分で原因がわかっていない頭痛の場合は医師と相談された方が良いです。


« 何らかの病気が原因の肩こり | 腰痛 »

頭痛:健康維持、生活習慣病予防のために頭痛を解説しています!

 

Copyright(C)2005 30代から健康を意識してワクワク生きよう! kenwaku.com All rights reserved